18歳の頃はピチピチ肌だった!

大学生になったタイミングでお化粧をするようになりました。
高校生のころからお化粧や基礎化粧品に興味はありましたが、陸上部で体育会系だった私は、
日焼け止めを塗るのが精一杯でした。
大学生になり、デパートの化粧品コーナーに行ったとき、「あなたはお肌がすごくキレイ。だからファンデーションも、基礎化粧品も、何も必要ないわ!
お化粧するなんて、もったいない!」
と言われたのです。

18歳の私、確かに当時は今よりもずっとお肌がキレイでしたが、まさかそんな風にほめられ、化粧品を勧めてもらえないような状況になるとは想像してなかったので、とても驚いたのを思い出します。
(そういえばその販売員の方、後輩に話すような口調で話しかけてきました。)

でもどうしてもお化粧がしたくて、変な話ですが、その方にお願いして、眉毛とアイシャドウ、口紅の3点だけ買って帰りました。
今、あの販売員の方に会ったら、なんて言われるのかな・・・。
化粧品をたっくさんお勧めされてしまう・・・のかな。