大好きなおじいちゃんの机

おじいちゃんのかたみの、桜の木でできた大きな机。
低めの、皆で座ってご飯食べるのにちょうどいい感じの机。
もう何十年も前、まだ私の母がこどものころに、おじいちゃんが衝動買いしたらしい。もちろんおばあちゃんは怒った。
「こんな大きな机どこに置くの!しかもものすごい高いし!!」って。
まあでも買ってきたからには使いましょうということで、食卓として活躍していた。
孫がたくさん生まれてからは、孫たちのお絵かき机として活躍した。
今その机は我が家にある。
落書きがあったりはげてる部分があったりしたので、職人さんに削ってもらって、綺麗に塗りなおしてもらった。
今は我が家の食卓として、家の一番真ん中に、存在感たっぷりに鎮座している。
こどもの勉強机の役目もしてる。
おじいちゃん、おじいちゃんが衝動買いして怒られた机、今でもみんなの役に立ってくれてるよ。