我が家には中学生の男子がいます。
小さい頃は「男の子はお金かからなくていいわ〜!」と思っていたのに、もう中学生のオ・ト・シ・ゴ・ロ
ニキビがポツポツと出始めました。
「お母さん、ニキビの薬ない?」と聞かれて、買い与えたのが半年前。
あまりにも気にするので、ネットで調べたり友人に聞いたりして、色々買い集めた結果…気づいたら洗顔料、化粧水、乳液などなど合計6000円!
「お母さんの基礎化粧品より高いんですけど??」
まさか息子に美容費を越されるなんて、数年前は考えもしませんでした。
でも、ニキビ後が残ってしまったら、せっかくのカッコイイ顔(親バカ)が台無しになるので、お母さんは息子の美容費の為に頑張って働きますよ!

ファーストクラスのパート2を観た。
狙いすぎ、セリフがあざと過ぎて白けた。
沢尻エリカのキャラ設定が変わり過ぎていて、前作のように応援して観れない。

フジテレビは人気ドラマの続編を作るな!と言いたい。
ショムニ、リーガルハイ…
ファーストクラスは、健気な主人公(沢尻エリカ)が芋くさいお姉ちゃんから成長して成り上がっていくのが面白かったのに、
今作は出だしから強気で万能過ぎて…なんだこれ?
ともさかりえのアゴが歪んでいるのも気になる。
キャラクターが多すぎて、みんながみんな心の声が入るから、話がごちゃごちゃしてよく分からなかった。

最近流行りの「壁ドン』が出てきて笑ったけど。
来週からは観ないな。

フジテレビの「こんな事を言わせたら視聴者は喜ぶだろ」ってあざとさがイラつく。

お姑さんの病院につきあいました。
夫の母は、私が羨ましくなるくらい、何でも手に入れている人です。
だんなさん(夫の父)は裕福で優しくて、姑に未だにぞっこんです。そして、姑はとっても美人!
フェイスリフトなどもやっていて、我が家の息子のお母さんと間違われるくらいです。本当はおばあちゃんなのに!
先日も、知り合いの大学生が、息子に、俺もあんなにきれいなばあちゃんが欲しいよ。と言っているのを聞きました。
こんなに美貌も経済力も伴侶も手に入れているというのに、姑は、やけにネガティブなのです。
今回の病院も、血圧が高くて、具合が悪いというので連れて行ったのですが、いろいろな検査の後に、お医者様がいうには、姑は健康そのものということでした。
さらに、単なる、具合が悪いという思いこみと言われてしまいました。
姑は、あんなに幸せなのに、どうして、気持ちをネガティブに持っていけるのか、逆にとっても不思議な気分の嫁なのです。

毎年秋の味覚といっても、限定スイーツを食べるか、他はさんまを食べるくらいだった私ですが、今年はスイーツとして加工していない梨やミカン、栗やさつまいもなども食べるようになりました。
逆になんで今まで食べなかったかというと、フルーツなど甘いものってとにかく失敗が多い。
酸っぱいものが苦手な私には、ミカンの失敗は絶対に許されないし(食べきれない)、梨がイマイチ水分や甘味が足りなかった時は本当に美味しくない。
栗やさつまいもは甘味が足りなくてもお腹にたまるから食べるのが大変で、悪くする前に料理として使いきるのが大変、となかなか加工していないものには手がでなかったのです。
でも今年はどれかひとつだけではなく、全体に秋の味覚が美味しい、というか当たり続きです。
そのまま食べるのもこんなに美味しいんだなぁとすごく得した気分です。

今日はポカポカ陽気だったので、ごろごろしていたら、あっという間に夕方になりました。
旦那さんが帰ってくる前に、晩御飯の用意をしなくては~!
でも冷蔵庫を開けたら、ほとんど食材が入っていません。
しまった、買い物を忘れてた…よし!買い物に行こう。
とりあえずボーダーニットとジーンズを履きました。
靴は、私の定番のミネトンカブーツです。
少し肌寒いからスヌードを巻いていこうかな~。
ニット素材とファーの組み合わせになっているスヌードにしました。
最近は、ボリュームがある巻き物が多いですね。
温かいので、寒い日でも出かけるのが楽しくなります。
ニット帽もかぶって出来上がり~!
仕事で疲れた旦那さんに、元気がでるようなご飯を作らなくちゃ~。 いってきまーす。

大学生になったタイミングでお化粧をするようになりました。
高校生のころからお化粧や基礎化粧品に興味はありましたが、陸上部で体育会系だった私は、
日焼け止めを塗るのが精一杯でした。
大学生になり、デパートの化粧品コーナーに行ったとき、「あなたはお肌がすごくキレイ。だからファンデーションも、基礎化粧品も、何も必要ないわ!
お化粧するなんて、もったいない!」
と言われたのです。

18歳の私、確かに当時は今よりもずっとお肌がキレイでしたが、まさかそんな風にほめられ、化粧品を勧めてもらえないような状況になるとは想像してなかったので、とても驚いたのを思い出します。
(そういえばその販売員の方、後輩に話すような口調で話しかけてきました。)

でもどうしてもお化粧がしたくて、変な話ですが、その方にお願いして、眉毛とアイシャドウ、口紅の3点だけ買って帰りました。
今、あの販売員の方に会ったら、なんて言われるのかな・・・。
化粧品をたっくさんお勧めされてしまう・・・のかな。

私の友人・知人の8割くらいが、ワーキングマザーです。
私は現在専業主婦です。
働いている友人に会うと、決まって、
「なんで働かないの?」と聞かれます。
正直なところ、一瞬言葉に詰まります。
本音を言うと、育児休暇を取らず、会社を退職した理由は「子供達の成長を身近に感じていたいから」です。
でも、それを言ったら、角がたつかな?と思ってしまうのです。
親友レベルの友人には、もちろん正直に話します。
働く親友達は、
「働いていても、ちゃんと子供の成長を感じることはできるよ!
専業主婦の人にくらべて、子供を放置している気がして罪悪感が多少あるけど、
働いている方がずっと楽しく毎日を過ごせるよ!
だからさ、絶対に働いた方がいいよ!」
とアドバイスされます。

今までに何度も働くことを考えました。
働くことが楽しいことは、よくわかっているつもりです。
わかっているだけに、多分働き出したら仕事が楽しくて、
家事や育児がおろそかになってしまうだろうと容易に想像できるのです。
家事・育児・仕事をバランスよくできる人に憧れます。
いつかそうなれるでしょうか!?

今までずっとマンション暮らしで女性なのでオートロックが付いてるところばかり。
虫がとにかく苦手なので虫が少ないといわれる5階以上に住んでいました。
結婚してからは一階部分に住むようになったのですが、インターホンがなったときにお風呂あがりとか、すっぴんのときなどってなるべく出たくないものです。
宅配などは不在票を入れてくれるのでいいのですが、営業とかって面倒ですよね。
電気がついてるから居るなって思われるのかインターホンに出なくても何度も鳴らされたりドアをノックされたりするので出るしかないって事になってしまい、一階部分の不便さを感じ始めています。
この前なんてわけのわからない雑誌の売り込みに来られてインターホン越しに喧嘩しそうになっちゃったもん。

だいぶ前の話ですが、セクハラヤジに号泣会見などが話題になりましたね。
観てるとイライラしてしまって、チャンネルを変えてしまうほど嫌な気分になりましたよ。
ヤジってスポーツには結構昔からあるけど愛のあるヤジとそうでないヤジがあります。

でも言われたほうの受け止め方次第では傷つくもんです。
最近ネットで調べ物をするときなどにちらっと知恵袋を観たり、ヤフーニュースを見ますが、コメント欄でストレス発散してるのかって思うことを言う人が目立ちます。
ヤジならダレが言ったってなんとなくわかったりするけどネットでの書き込みって匿名だから空き放題だよね。
あれって観てると悲しくなるよ。
真剣に悩んでいる人に対してコテンパンに傷つく言葉を浴びすってどんな神経なんだろう…

子供が生まれてから、何年も経過していますが、脳が母親モードに入っているためか
夜中には必ず数回目が覚めます。
夜中の授乳の頃、子供が泣けば起きて授乳したり、抱っこしたりしていたからだと思います。

子供も幼児期になり、夜中の授乳はなくなったものの、今度はおしっこトレーニングの時
夜中に起こしてトイレに連れて行ったりしていました。
おしっこトレーニングも完了し、次は子供の寝相の悪さに目が覚めます。
なぜか私のところに寝転がってきて、わたしは壁と子供との間に挟まれ
熟睡できません。

そう考えると何年も眠りから起きる時までぐっすりと睡眠をとっていません。
いつになったら熟睡できるのか、安心して夜眠れるのかと思うと、まだまだしばらくは
無理なのかなぁと思ってしまいます。
早くゆっくり眠りたいです。