今日はポカポカ陽気だったので、ごろごろしていたら、あっという間に夕方になりました。
旦那さんが帰ってくる前に、晩御飯の用意をしなくては~!
でも冷蔵庫を開けたら、ほとんど食材が入っていません。
しまった、買い物を忘れてた…よし!買い物に行こう。
とりあえずボーダーニットとジーンズを履きました。
靴は、私の定番のミネトンカブーツです。
少し肌寒いからスヌードを巻いていこうかな~。
ニット素材とファーの組み合わせになっているスヌードにしました。
最近は、ボリュームがある巻き物が多いですね。
温かいので、寒い日でも出かけるのが楽しくなります。
ニット帽もかぶって出来上がり~!
仕事で疲れた旦那さんに、元気がでるようなご飯を作らなくちゃ~。 いってきまーす。

大学生になったタイミングでお化粧をするようになりました。
高校生のころからお化粧や基礎化粧品に興味はありましたが、陸上部で体育会系だった私は、
日焼け止めを塗るのが精一杯でした。
大学生になり、デパートの化粧品コーナーに行ったとき、「あなたはお肌がすごくキレイ。だからファンデーションも、基礎化粧品も、何も必要ないわ!
お化粧するなんて、もったいない!」
と言われたのです。

18歳の私、確かに当時は今よりもずっとお肌がキレイでしたが、まさかそんな風にほめられ、化粧品を勧めてもらえないような状況になるとは想像してなかったので、とても驚いたのを思い出します。
(そういえばその販売員の方、後輩に話すような口調で話しかけてきました。)

でもどうしてもお化粧がしたくて、変な話ですが、その方にお願いして、眉毛とアイシャドウ、口紅の3点だけ買って帰りました。
今、あの販売員の方に会ったら、なんて言われるのかな・・・。
化粧品をたっくさんお勧めされてしまう・・・のかな。

私の友人・知人の8割くらいが、ワーキングマザーです。
私は現在専業主婦です。
働いている友人に会うと、決まって、
「なんで働かないの?」と聞かれます。
正直なところ、一瞬言葉に詰まります。
本音を言うと、育児休暇を取らず、会社を退職した理由は「子供達の成長を身近に感じていたいから」です。
でも、それを言ったら、角がたつかな?と思ってしまうのです。
親友レベルの友人には、もちろん正直に話します。
働く親友達は、
「働いていても、ちゃんと子供の成長を感じることはできるよ!
専業主婦の人にくらべて、子供を放置している気がして罪悪感が多少あるけど、
働いている方がずっと楽しく毎日を過ごせるよ!
だからさ、絶対に働いた方がいいよ!」
とアドバイスされます。

今までに何度も働くことを考えました。
働くことが楽しいことは、よくわかっているつもりです。
わかっているだけに、多分働き出したら仕事が楽しくて、
家事や育児がおろそかになってしまうだろうと容易に想像できるのです。
家事・育児・仕事をバランスよくできる人に憧れます。
いつかそうなれるでしょうか!?

今までずっとマンション暮らしで女性なのでオートロックが付いてるところばかり。
虫がとにかく苦手なので虫が少ないといわれる5階以上に住んでいました。
結婚してからは一階部分に住むようになったのですが、インターホンがなったときにお風呂あがりとか、すっぴんのときなどってなるべく出たくないものです。
宅配などは不在票を入れてくれるのでいいのですが、営業とかって面倒ですよね。
電気がついてるから居るなって思われるのかインターホンに出なくても何度も鳴らされたりドアをノックされたりするので出るしかないって事になってしまい、一階部分の不便さを感じ始めています。
この前なんてわけのわからない雑誌の売り込みに来られてインターホン越しに喧嘩しそうになっちゃったもん。

だいぶ前の話ですが、セクハラヤジに号泣会見などが話題になりましたね。
観てるとイライラしてしまって、チャンネルを変えてしまうほど嫌な気分になりましたよ。
ヤジってスポーツには結構昔からあるけど愛のあるヤジとそうでないヤジがあります。

でも言われたほうの受け止め方次第では傷つくもんです。
最近ネットで調べ物をするときなどにちらっと知恵袋を観たり、ヤフーニュースを見ますが、コメント欄でストレス発散してるのかって思うことを言う人が目立ちます。
ヤジならダレが言ったってなんとなくわかったりするけどネットでの書き込みって匿名だから空き放題だよね。
あれって観てると悲しくなるよ。
真剣に悩んでいる人に対してコテンパンに傷つく言葉を浴びすってどんな神経なんだろう…

子供が生まれてから、何年も経過していますが、脳が母親モードに入っているためか
夜中には必ず数回目が覚めます。
夜中の授乳の頃、子供が泣けば起きて授乳したり、抱っこしたりしていたからだと思います。

子供も幼児期になり、夜中の授乳はなくなったものの、今度はおしっこトレーニングの時
夜中に起こしてトイレに連れて行ったりしていました。
おしっこトレーニングも完了し、次は子供の寝相の悪さに目が覚めます。
なぜか私のところに寝転がってきて、わたしは壁と子供との間に挟まれ
熟睡できません。

そう考えると何年も眠りから起きる時までぐっすりと睡眠をとっていません。
いつになったら熟睡できるのか、安心して夜眠れるのかと思うと、まだまだしばらくは
無理なのかなぁと思ってしまいます。
早くゆっくり眠りたいです。

結婚してから節約続きでしたが、今日は久しぶりに一番仲の良い友人と遊ぶ約束をしていました。
主婦になると、晩御飯の用意があるので朝から待ち合わせして、一緒にランチをすることになりました。
晩御飯では高いな、ちょっと手が出ないなって思うお店もランチってお得なお値段で提供してくれてますよね。
夜は鉄板焼きのお店のステーキランチ3000円。
ランチにしたら贅沢なお値段ですけど、本来なら2.3万とかのコースを提供しているお店なのですっごくお得。
口の中でとろける上質なお肉を昼間からいただき私も溶けそうでした。
何度二人揃ってう〜んと声を出したかわからないほど美味しいランチご馳走さまでした。
記念日などの特別なときは是非夜にも来てみたい素敵なお店でした。

産婦人科で子供を取り違えて、そしてそれを知らずに育てていき
病院側から子供の交換を提案されるという映画を見ました。
実際の自分の子供は、よその家庭で育てられ、ある程度大きくなった時に
実は、自分の子供ではなかったと知らされるというのは、
親になった今、わたしも自分の立場となったらと考えさせられる映画でした。

いくら自分の子供ではないと言え、自分の子供と信じて育ててきた我が子が
他人の子供で、その他人の家に、自分の血のつながった子供が育てられていたら
もし、自分がその立場になったらどうするのかわからなくなりました。

小さいころから知っている子などはやはり、他人の子でも可愛くて
愛情も情も出てきます。
難しい題材のその映画に、考えさせられました。

 

 

私は料理を作るのは好きなんだけど、いつも同じようなモノしか作らなかったりして料理のレパートリーが少なくて。

だから料理本を立ち読みしたり、立ち読みして作ってみたいモノが載っていたりすると購入して、実際に作ってみたりしたんだけど、揃えなきゃいけない調味料とかが結構たくさんあって、数品作ってみたりはしたんだけど、今では本棚に一応しまってあるだけでしばらく日の目を見ていなくて。

そこで最近スマホに変えたばかりだったので、便利なアプリはないかなー?と思いながら色々検索していたら、見つけちゃいました!
クックパッドっていう優れもの!!

クックパッドは家に余っている材料などをキーワードで検索すると、そのキーワードに合ったレシピがどんどん出てきます。
これからもこの便利なアプリを使って、料理のレパートリーを増やしていこうかな!!

比較的手間がかからないといわれている多肉植物すら枯らしてしまった私が、今のところ枯らさずに育てられている唯一の植物、それがツタ植物です。
アイビーとかポトスとか。
枝先を水に挿しておく置くだけでもどんどん根が伸びて育ってしまうという、生命力たくましい植物です。

今年の春に、何とか我が家を緑化しようと最終手段でお迎えしたツタ植物たちが、おかげさまですくすく伸びています。
室内でも、シュガーバインをハイドロカルチャーで育てていて、こちらも若干成長が遅いけど枯れずに頑張っています。
多肉ってお手軽そうだけど、日当たりの加減が微妙なので、日当たりいまいちな我が家には向かなかったのかもしれませんね。
ツタ植物で緑化運動に貢献しようと思います。